ゲイ同性愛者が周囲にカミングアウトすることのメリット・デメリットは?

ゲイリーマン


テレビや新聞や雑誌やインターネットなどの各種メディアでLGBTという言葉を良く耳にするようになりました。

それがレスビアンとゲイとバイセクシュアルとトランスジェンダーの頭文字をとって作った造語だという事は知っていても、まだ理解者は少ない状況です。

レスビアンとゲイなどの同性愛者の中には、周りに知られたら関係が崩れてしまうと思って、周囲の人に自分がそうである事をカミングアウトする事を躊躇っている人もいます。

そこでレスビアンやゲイなどの同性愛者である事を周囲にカミングアウトした時のメリットとデメリットについてついて考えてみました。



カミングアウト最大のメリット


彼らは自分たちが同性愛者である事がいつかはバレてしまうのではないかと不安を抱えながら生活しているます。

周りに本当の事を知ってもらう事で、隠しているストレスから解放されて肩の力が抜けて素直に飾らない自分で接する事が出来るようになる事が最大のメリットだと思います。

打ち明ける前は無理をして男性らしく振舞って、本当は言いたくない下ネタなどの下品な単語を使ってキャラ作りをしていたのが、カミングアウトした事で今までやりたかった本来の自分である女性のような口調で話す事もできます。

また服装やファッションも打ち明ける前には、バレたくない余りにワイルドでタフないかにも男性が好んで着るような服を無理して来ていたのが、ユニセックスや女装してスカートを穿いても問題なくなり乙女チックな格好も許されるようになります。

他にもワイルドな男性を演じるために生やしていた胸毛や脇毛も打ち明けた後には剃っても良くなって、エステで全身脱毛や美肌コースを躊躇なく利用できるようになります。

良い事尽くめのゲイ同性愛者のカミングアウトですが、デメリットも存在します。

カミングアウトの悲しいデメリット


それは世の中にはまだそういった類の人を生理的に受け付けない人もかなりいて、以前は仲が良かった男性友達の中にはどうしても受け入れられないで離れて行く人もいます。

また交際していた女性の中にも、そういった類の人間をどうしても生理的に認められない人もいるので、彼女と別れる原因にもなります。

信じられないかもしれませんが、そんな事をカミングアウトしても流石に血のつながった家族なら受け入れてくれる人が殆どだろうと思って打ち明けた結果、両親や兄弟姉妹と絶縁状態になってしまうリスクもあります。

何故かというと例えば父親が社会的地位が高い職業についていた場合には、息子がもしゲイ同性愛者である事を知られたら、社会的な地位を脅かされてしまうリスクがあるからです。


トップ ゲイ出会い ゲイ風俗 ゲイ動画