ゲイ同性愛者であることの悩み相談は誰にするのがよいか?

野外ゲイセックス


テレビや新聞や雑誌やネットなどのメディアでLGBTという言葉が良く見かけるようになって認知度自体は上がってきています。

LGBTがレスビアンやゲイやバイセクシュアルやトランスジェンダーの頭文字だという事は解っても、実際どんな物なのかは知る人はごく一部なので、世間からは偏見の目で見られがちです。

そういう偏見に満ちた世間で、自分がゲイ同性愛者である事を悩んでいる人たちは、一部の勇気がある人は別としてどこに打ち明けたり相談したらいいのか悩み苦悩しています。



同性愛者はみんな悩みを抱えている


ゲイ同性愛者とは、男性が自分自身の心の性別と同じ性別の人に恋愛感情を抱く人たちの事です。

ゲイ同性愛者は、例えば好みの同性を見たり付き合ったら、恋に落ちて性的な欲求を抱いたり、社会に受け入れられるために無理に異性を好きになろうとしてもどうしても好きになれない人達のことです。

そういった人たちは社会で上手く生きていくために、自分の心を偽ってゲイ同性愛者である事を隠して生活していますが、偽って生活する事でかなりのストレスや悩みを感じ続けています。

ではだれ相談してそういった悩みを解決すればいいのかというと次のような相談相手やサービスがあります。

セクシュアリティの相談サービス


24時間365日無料で相談できるセクシュアリティの専門回線があり、LGBTなどのセクシュアリティ問題や、自殺対策や性暴力やDVなどの電話相談をする事が可能です。

他に医療機関やカウンセリングや福祉や教育などの専門家がボランティアでレズビアンやゲイなどの同性愛者に支援する団体が合って、そこでも無料で電話相談を受け付けています。

またレスビアンやゲイなどの同性愛者のために専門で活動しているNPO法人もあって、同性愛者の相談員が多様なセクシュアルな悩みを持った男女の相談を行ってくれます。

そのNPO団体では、悩みを打ち明けた依頼者の友人や家族や周辺の人からの無料で悩みを聞いてくれ、それらの性的マイナリティに対する啓蒙活動や勉強会も開いています。

周囲に相談するよりも、まずは安心できる公共機関に悩みを打ち明けるほうがいいかもしれません。


トップ ゲイ出会い ゲイ風俗 ゲイ動画